気づけば読んでいた【横浜通信 古川真人7】

 遠からず学校の卒業シーズンが来る頃だと思い至ったから、昔話を一つ。

 中3の春から小説を読むようになった。以前から星新一ぐらいは読んでいたけれど、あとは活字と無縁に過ごしていた。本といえば漫画であり、コンビニで買うジャンプと古本屋で探し求めてきたコミックスこそが日々の、いかにも思春期らしい未熟な、けれどそれだけに手に余る気鬱(うつ)を散じてくれる輩だった。荒木飛呂彦、...

残り 674文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR