なぜ?高崎山のサルをウルグアイへ15匹

 大分市は、同市の高崎山に生息する野生のニホンザル15匹を南米ウルグアイの動物園に来年に寄贈することを決めた。2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で同国が市内でキャンプを張って交流したことがきっかけ。市は「サルが市の知名度アップや両国の懸け橋を担ってほしい」と期待する。

 市によると、W杯開催中の19年10月、市内で開かれた歓迎会で、佐藤樹一郎市長が駐ウルグアイ大使の真銅竜日郎さんに「高崎山のサルを通じて親近感を深めてほしい」と寄贈について相談。真銅さんが受け入れ先を探したところ、ドゥラスノ県の動物園が手を挙げたという。市は計画の準備費用700万円を22年度一般会計当初予算案に計上。市のPRにつなげられるよう現地での受け入れ式の開催などを協議していきたいとしている。

...

残り 206文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR