好きな家事【横浜通信 古川真人12】

 部屋の掃除が苦手だ。塵(ちり)や埃(ほこり)のうっすら積もった畳の上を、いい加減(かげん)掃除機をかけなければならんな、と眺めやりながら考えつつ、それでも実行に移るまでにはなお何度かの逡巡(しゅんじゅん)と諦めを経なければならない。この場合の苦手は、だから掃除そのものというよりも億劫(おっくう)をふり払うのが苦手ということになるだろうか。...

残り 741文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR