ジェンダー平等、西日本新聞は 記事内容、管理職割合…自戒込め検証

 8日は「国際女性デー」。西日本新聞では議会や国立大教員の男女差など、さまざまな分野のジェンダーギャップ(性別による格差)を検証しているが、そもそも紙面でジェンダー平等に配慮できているのか。自戒を込めて振り返った。

 時の人を紹介する「ひと」欄。昨年の掲載分は男性56回、女性は30回と約半分だった。...

残り 734文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR