経団連と九経連 コロナ禍の経済再興議論 海外往来「入国審査効率化を」

 経団連と九州経済連合会の幹部が地域課題について議論する「九州経済懇談会」が9日、福岡市であった。新型コロナ禍で傷んだ経済再興などをテーマに意見を交換。双方の会員が集まる懇談会は3年ぶりで、約200人が出席した。

 九州経済をけん引してきた観光産業はコロナ禍で打撃を受けた。九経連の大嶺満副会長...

残り 360文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR