島について【横浜通信 古川真人15】

 島を舞台とした小説ばかり書いている。すると、少ない読者の方でも慣れてしまうのか、「古川の新しい小説?ああ、どうせ島のやつね」という反応があるらしい。

 以前に書いたものでは、実験してみようと思い島を出さなかった。小説が雑誌に掲載され、やがて別の雑誌に、小説への寸評が出た。そこには「これまで古川が書いてきた島の小説の中では面白い方だった」云々(うんぬん)と書かれていた。...

残り 672文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR