長期出張中に水道代17万円⁉ 市役所「メーター正常」、2年分の水はどこへ

 「アパートは、ずっと不在だったのに水道代を17万円も請求された」。福岡市東区にアパートを借りている男性から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に投稿が寄せられた。男性は長期出張しており、水は使っていないという。市水道局が調べても水道メーターに異常はない。それならば漏水が疑われるが、メーターが示すのは水量にして281立方メートル。1人世帯の2年分を大幅に超える量だ。わずかの間に、水はいったい、どこへ消えたのか―。

 「家の中で漏水があったのかもしれない」

 福岡市水道局東営業所から、男性に電話があったのは昨年11月19日。近くで暮らす妹に連絡し、すぐにアパートを確認してもらったが、異常はなかった。後に送られてきた請求書には、上下水道料金が17万3379円と記載されていた。

 5日後、水道局とアパート管理会社、妹が立ち会い、点検した。水道メーターには漏水を知らせる「パイロット」という機能があるが、パイロットは動かず、水道局は漏水はなかったと判断した。

 建設コンサルタント会社で働く男性は福岡出身で、年中、長期間出張している。アパートの管理を任せている妹も年に数回、訪れる程度という。

 請求の対象期間(昨年9月15日~同11月16日)も不在で、同8月末に妹が郵便受けの整理のために1度立ち寄っただけという。

 

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR