「遠賀川の古代文化と邪馬台国」テーマに連続講座 飯塚で5月29日から

 佐賀県の吉野ケ里遺跡の発掘調査を指揮した考古学者の高島忠平氏(82)が監修・コメンテーターを務める2022年度の古代史連続講座「古代から未来のトビラを拓(ひら)く~遠賀川の古代文化と邪馬台国」が5月29日、福岡県飯塚市で開講する。同市教育文化振興事業団、西日本新聞社などでつくる遠賀川古代史事業推進実行委員会の主催。...

残り 741文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR