「かもめ」拠点、西九州新幹線の大村車両基地完成

 9月23日に開業する西九州新幹線(武雄温泉―長崎)で、車両の保守点検を担う大村車両基地(長崎県大村市)の完成記念式典が19日、現地であった。

 基地は広さ約10万9千平方メートル。JR東海が開発した最新型の「N700S」をベースにした新車両「かもめ」4編成(1編成6両)を収容する。日常の検査や修理のほか、自動車の車検に当たる「全般検査」の一部を担う。

...

残り 110文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR