不発弾 終わらぬ「戦後」象徴

 「パーン」という破裂音が250メートル離れた建物の中にも響き渡った。航空自衛隊那覇基地(那覇市)で1月、不発弾(重さ35キロ)が処理された。陸上自衛隊員が深さ2メートルの穴の中で爆発しないよう作業しており、聞こえたのは信管を破壊した音だった。

 県内では、頻繁に不発弾が見つかる。陸自による2019年度の処理件数は529件。処理量は18・4トンで、全国の56%を占めた。

...

残り 375文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR