人々についてではなく人々とともに研究する 人類学の暴力的な側面を越えて

【人類学者のレンズ・松村圭一郎 】

 北京冬季オリンピックが閉幕した4日後、また世界中を震撼(しんかん)させる事態が起きた。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、いまだに人類が悲惨な戦争を回避できない現実を突きつけた。国家が対話ではなく、暴力で問題を解決しようとする。軍事力で他国を征服し、支配する。それは、ロシアを非難する欧米諸国も、...

残り 1590文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR