バッタコーヒー深い味わい 「食糧問題考える契機に」 宗像市で試飲会

 世界的な食糧難の切り札として注目を集めている昆虫食。ベーシストで昆虫食開発者の今沢カゲロウさん(52)=東京=が開発した食用バッタの粉末を混ぜた「ワタリバッタコーヒー」の試飲が、福岡県宗像市大井の「暮らしのカフェ 村茶乎(むらちゃこ)」であった。意外な組み合わせだが、香りも良く味わい深い仕上がりとなっている。「遠いアフリカに思いをはせてほしい」と今沢さん。...

残り 783文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR