大川市の「道の駅」27年度開業へ PFI方式を模索

 福岡県大川市は25日、市議会の臨時議員協議会で、同市大野島に計画する「道の駅」の概要を報告した。敷地は4・3ヘクタールで造成、施設建設費は約50億円(用地買収費は含まず)。2027年度中の開業を目指す。有明海沿岸道路の大野島インターチェンジ北の9・3ヘクタールに「川の駅」「道の駅」「民間事業用地」を整備予定。25日は道の駅のみ説明した。...

残り 311文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR