菊池恵楓園入所者が描いた絵 蔵座さん保存活動語る 福岡市

 国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」(熊本県合志市)の入所者が描いた絵の保存に取り組む蔵座江美さんの講演会が26日、福岡市城南区の妙泉寺であった。市民ら約30人が参加。蔵座さんが入所者の絵との出会いから現在までの歩みを振り返った。

 蔵座さんは元熊本市現代美術館学芸員。2001年、入所者でつくる絵画クラブ「金陽会」の作品を...

残り 307文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR