物価高対策の財源巡り与党内に溝 自民「予備費で対応」、公明「補正予算編成」

 ロシアのウクライナ侵攻に伴う原油や穀物などの物価高騰への経済対策に関する財源を巡り、与党内に溝が生じている。自民党の高市早苗政調会長は30日の記者会見で、2022年度補正予算案の編成に慎重姿勢を示し、予備費で対応する構えを強調。一方、公明党の山口那津男代表は同日の党会合で、補正予算案を編成し、今国会で成立させることが不可欠だと訴えた。...

残り 451文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR