「親の笑顔で子どもを笑顔に」家庭支援のNPO法人「OHS」が1周年

 子育て支援を通じて虐待のない社会を目指すNPO法人「OHS」(福岡市)が設立1周年を迎えた。代表の宮本一幸さん(29)は幼い頃に親に虐待され、児童養護施設や里親家庭などの社会的養護を受けて育った。自身の経験から気づいたのは、苦しむ子どもの後ろにいる苦しむ親の存在だ。自分と同じ思いをする子どもをなくすため、親と子、両方に寄り添う。 (本田彩子)

 午後3時すぎ、福岡市城南区の2階建て民家に子どもたちが次々とやって来た。「今日は戦いごっこ!」「抱っこして」「早く公園に行こうよ」。はしゃぐ子どもたちを、宮本さんは順番に抱き上げる。

...

残り 1581文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR