【変わる年金・下】働きながら受け取りやすく 社会保険の適用拡大

 本年度、大きく変わる年金制度。その目的は、働き方が多様化する中で「長期化する高齢期の経済基盤の充実を図る」(厚生労働省)ことだ。

 そのため、働きながら年金を受け取りやすくなる措置が盛り込まれた。一つは在職老齢年金制度。1カ月分の収入と老齢厚生年金(64歳までの特別支給含む)の合計が基準額を超えると、超えた分の年金の全部または一部が支給停止となる仕組みだ。...

残り 1010文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR