【日高逸子物語】練習の合間、3時間おきに授乳 駐車場で待つ夫と娘

水上のグレートマザー日高逸子物語(48)

 1997年、日高逸子が産休に入ってから9カ月が過ぎていた。福岡に戻って復帰に向けたシナリオを考えたが、やることは一つしかなかった。「ボートに乗る」ことだ。

 競艇場の練習日に合わせ、福岡県内にある福岡、芦屋、若松の各競艇場へ足を運んだ。ボートに乗ってスロットルレバーを握る。水面を跳びはねるように走っていると、忘れかけていた感触がよみがえってきた。

 変わったのは自分を取り巻く環境だった。生後3カ月にもならない長女・優那には、授乳の...

残り 654文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

上条衿 作品展

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月16日(火)
  • ジュンク堂福岡店2階MARUZENギャラリー

PR