水中考古学の現状は? 最大の成果は「明日見つかる」 九州に期待

 蒙古襲来で沈没した元(モンゴル帝国)の軍船が、長崎県松浦市の鷹島海底で見つかり、大きな話題になったのは11年前。日本の水中遺跡で初の国史跡になり、世界から注目された。だが、水中考古学者の佐々木蘭貞(らんでぃ)さん(46)=福岡市=は憂える。「日本は海に囲まれているのに水中遺跡への認識がまだ低い。海...

残り 1745文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR