「よっこいしょういち」平尾台トレランに記者初挑戦、雄大な自然が力

 17日、春の平尾台(小倉南区など)で開かれた「北九州・平尾台トレイルランニングレース」(西日本新聞北九州本社特別協賛)に記者(26)も出場した。初挑戦で高低差のあるコースを完走できるのか-。不安を抱え、ショートコース(17キロ)のスタートラインに立った。 (笠原和香子、撮影・上田泰成)

 新型コロナ対策のため、出場者はグループ分けされ3分ごとにスタート。号砲と同時に駆けだした。私はあえてゆっくりペース。大会前、トレラン参加を告げたほとんどの人に「本当にきついよ」と脅されていたからだ。

 実は2月の北九州マラソンに向け練習していた。が、新型コロナの感染拡大で大会は中止に。目標を...

残り 726文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR