摂食障害、進む低年齢化 九大病院への相談最多 「周囲が気付いて」

 スリムな体形への憧れをきっかけに、食事の量を減らして極端に痩せたり、過剰に食べて吐いたりする「摂食障害」。10~20代の若者がかかりやすいことで知られるが、多数の症例がある九州大病院(福岡市東区)によると、新型コロナウイルスの流行でいっそう低年齢化が進んでいるという。命に関わる恐れもあるとして、親や教師など周囲の大人が早く気付き、受診を促すよう呼び掛けている。 (下崎千加)...

残り 2258文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR