肥薩線復旧へ自治体協発足 熊本県と12市町村 国に運行費助成要望へ

 2020年7月の熊本豪雨で被害を受け、部分運休が続くJR肥薩線の復旧を目指し、熊本県と沿線などの12市町村長でつくる「JR肥薩線再生協議会」が18日発足した。復旧後の運行費用の赤字削減に向け、国土交通省に一部助成を要望する方針を確認した。

 肥薩線は豪雨で橋が流失するなどの被害を受け、八代(熊本県八代市)-吉松(鹿児島県湧水町)間で運休となっている。...

残り 272文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR