300年の伝統、子どもらが優雅な舞 佐賀県の多久聖廟で春季釈菜 

 儒学の祖、孔子を祭る多久聖廟(せいびょう)(佐賀県多久市多久町)で18日、孔子や高弟に感謝する伝統行事「春季釈菜(せきさい)」があった。近くの聖廟イベント広場では、東原庠舎西渓校(とうげんしょうしゃせいけいこう)の子どもたちが舞踊や歌、中国の小太鼓「腰鼓(ようこ)」の演奏を披露し、来場者を楽しませた。

...

残り 256文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR