【インタビュー】加藤登紀子さんが耳を澄ませる中村哲さんの声

 【東京ウオッチ】 歌手の加藤登紀子さん(78)は、アフガニスタンで人道支援に力を尽くし、2019年に現地で銃撃されて亡くなった医師、中村哲さん(享年73)と20年近くにわたり交流してきた。昨年7月には、中村さんの足跡や人柄、残した言葉とエピソードを記録し、読み解いた著書「哲さんの声が聞こえる 中村哲医師が見たアフガンの光」(合同出版・税込み1870円)を上梓(じょうし)している。加藤さんと中村さんの、魂の同期とは-。

 《敬愛を込めて、「おときさん」「哲さん」と呼び合った2人。交流のきっかけは、2001年の米中枢同時テロ後の、米国によるアフガニスタン空爆だった。中村さんは当時、自衛隊がインド洋で米艦船に給油活動できるよう、小泉純一郎政権が提出したテロ対策特別措置法案の国会審議に参考人出席し、「自衛隊の派遣は有害無益。飢餓状態の解消こそ、最大の問題であります」と主張した。その思いに共振した加藤さんはコンサートで募金に取り組み、中村さんのアフガニスタンでの人道支援活動を支えてきた》

...

残り 1539文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR