水素、アンモニアを発電用燃料に活用 九電など3社が協業検討

 発電会社のJERA(東京)と九州電力、中国電力の3社が、水素やアンモニアを発電用燃料として導入するため、協業を検討する覚書を締結した。燃焼時に二酸化炭素(CO2)を出さない水素やアンモニアのサプライチェーン(供給網)構築や拡大について協議する。

 水素、アンモニアを火力発電で使う化石燃料に一定の割...

残り 339文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR