流水型ダム巡り熊本県が審査会 川辺川で試験湛水 影響に不安の声

 国土交通省が球磨川の支流川辺川に整備を検討する新たな流水型ダムについて、熊本県環境影響評価審査会は21日、国が実施している環境影響評価(アセスメント)の審査と現地調査を行った。

 同省九州地方整備局はアセスの第1段階として3月に、環境保全のために配慮すべき事項の検討結果を示す「環境配慮レポート」を公表...

残り 388文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR