「介護脱毛」高まる関心 「自分のとき家族に負担かけぬよう」

 人生100年時代。自分が介護される立場になった時のために、デリケートゾーン(下着で隠れる部位)をあらかじめ脱毛する「介護脱毛」に関心が高まっている。どんなことをするのか。本当に必要なのか。現場の専門家に聞いた。 (竹添そら)

 東京都の戸田啓子さん(64)は昨年6月、介護脱毛の施術を受け始めた。施術は2カ月に1回30分程度の計5回(約10万円)。...

残り 1152文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR