「野党分断、決定的に」自民が国民と政策協議を続ける理由…内部では不満も

 自民党が、公明、国民民主両党との間で政策合意を探る枠組みの継続、発展に力を入れている。19日の3党幹事長会談では、大人に代わって日常的に家事や家族の世話をする「ヤングケアラー」対策を新たな議題とすることで合意。参院選を間近に控え、国民を取り込んでおきたい自民と、政策提言で実績を重ねたい国民の利害が一致する。3党の連携は、後半国会の論戦にも影響を与えそうだ。...

残り 735文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR