「ミゲル夫妻の墓」と結論 諫早市の石碑周辺、発掘グループが結果発表

 16世紀後半に九州のキリシタン大名が欧州に派遣した天正遣欧使節の一人、千々石ミゲルの墓所とされる長崎県諫早市多良見町の石碑周辺を調べた民間グループは23日、4次にわたる発掘調査の結果を発表した。昨年の最終調査で出土した遺骨は男性で、石碑と発掘された二つの墓が同時期に造成されたとみて、「ミゲル夫妻の墓所で...

残り 492文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR