米の原発跡地19カ所に残る核廃棄物 メーン州、負の遺産が地域再生に影

原発大国を歩く㊦

 米国で既に廃炉となった原発の跡地19カ所に、使用済み核燃料を含む高レベル放射性廃棄物(核のごみ)が残されたままとなっている。その一つ、東部メーン州のメーン・ヤンキー原発は26年前に閉鎖されたが、今も敷地内には約550トンの廃棄物が残る。住民が求める早期撤去は実現せず、「負の遺産」が地域の再生に暗い影を落としている。...

残り 2930文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR