「歴代25人が難局乗り越えた」在福岡米領事館70年、首席領事に聞く

 福岡市に在福岡米国領事館が開設されて28日で70年となる。日本が主権を回復した1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効に伴い開設された領事館は積極的に日米交流を促進。一方、安保闘争や経済摩擦、米兵暴行事件が起きると厳しい対米感情にさらされてきた。ジョン・テイラー首席領事(54)に70年の歩みと今後の展望を聞いた。...

残り 1053文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR