学生が店番、仮店舗は「大學堂」 旦過市場被災の青果店

 旦過市場(北九州市小倉北区)の火災で被災した青果店「新保商店」が25日、北九州市立大の学生らが市場内で運営する「大學堂(だいがくどう)」で、仮店舗の営業を始めた。学生たちは店番でも協力。復旧のめどが立たない複数の被災店が大學堂での営業を調整中だ。...

残り 365文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR