車いすテニス「飯塚オープン」、未来につなげる「イイヅカ方式」

 21~24日に福岡県飯塚市仁保のいいづかスポーツ・リゾートなどで行われた車いすテニス大会「飯塚オープン」は、運営を支えるボランティアを育成する場でもあった。本来の飯塚国際車いすテニス大会(ジャパンオープン)は、新型コロナウイルスのため3年連続で中止。市民が支える「イイヅカ方式」の継承が課題だった。3年ぶりに春の飯塚で繰り広げられた熱戦を支えた人々の姿を、写真や談話で振り返る。...

残り 1118文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR