「博多のファンあったかい」29歳陣内孝則、ディスコパーティーで感涙

福岡スタア倶楽部​​​​​ー1988(昭和63)年6月3日 西日本新聞ー

 「母校・西南高校の同級生まで駆けつけていただき大感激です。やっぱり博多のファンは、ハートがあったかいことをあらためて感じました‼」──東映映画「極道渡世の素敵な面々」(和田聖治監督)九州キャンペーンの夜、福岡市中央区天神のディスコ「SHOT」で開いたファンの集いで、陣内孝則(福岡県大川市出身)は、目を潤ませた。

 麻生祐未さん(長崎市出身)と初共演した最新作については「一口で言えば、ニュー・ヤクザの青春ドラマ。昨年の『ちょうちん』では、ツラがいいだけでブルーリボン賞をいただきましたが、今回は、はじけた演技で、郷土の大先輩、高倉健さんに肉迫できたと確信してます」と自信たっぷりにPRしてくれた。

 テレビドラマに、CM出演と、いま最高にのってる陣内孝則だけに、博多東急ホテルの九州キャンペーンでは、余裕のある...

残り 706文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR