ウクライナ避難民、新たに2世帯6人受け入れ 大分県別府市

 大分県別府市の長野恭紘市長は26日の定例記者会見で、ロシアが軍事侵攻するウクライナから、新たに避難民2世帯6人を受け入れると発表した。これで同市の受け入れは5世帯14人となる。

 6人は同国の首都キーウ(キエフ)とヘルソンで暮らしていた10~40代の男女で、夫婦と高校生の子ども、母親と小学生と高校生の子...

残り 323文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR