当局が削除しても拡散…封鎖1カ月、上海の叫び 動画「四月之声」が話題

 【北京・坂本信博】新型コロナウイルスの感染拡大で先月28日からロックダウン(都市封鎖)が続く中国・上海の市民の憤りや嘆きの肉声を記録した短編動画「四月之声(4月の声)」が中国の交流サイト(SNS)で公開され、話題を呼んでいる。当局側がすぐに削除したが、大勢の市民が動画にアクセスできるQRコード付きの画像を転載するなどして拡散。事実を隠す検閲に対抗している。

 動画は約6分間で、22日に投稿された。上海の空撮映像を背景に、インターネット上に残る当局者や市民の音声と字幕が流れる。

...

残り 631文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

天神文化塾

  • 2022年8月18日(木)
  • 西日本新聞TNC文化サークル

PR