「維新はなぜ選挙に勝てるのか」 立命館大教授がひもとく三つの理由

 【東京ウオッチ】 近づく参院選に向け、日本維新の会の選挙戦略や政策を探る勉強会「維新政治を考える」が25日、国会内であった。昨年の衆院選で議席を3倍以上に拡大して以降も、大型地方選挙で勝利を重ね、「全国政党」化をうかがう維新。維新政治を長年研究し、この日の講師を務めた立命館大の村上弘特別任用教授(政治学)は「維新は保守なのにリベラルを装うのが特徴。立場を曖昧にして右と左、両方にウイングを広げるような宣伝のうまさが維新成功の一つの理由だ」と強さの実相を解説した。...

残り 1754文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR