HKT48、15枚目シングルを6月22日発売 名古屋公演で発表、矢吹奈子の復帰後初

 HKT48は1日、名古屋市の愛知県芸術劇場で開催したコンサートツアー「Under the Spotlight」の夜公演で、6月22日に15枚目シングルを発売すると発表した。

 体調不良で休演が続いていたエースの一角、田中美久(20)も合流し、盛り上がりも最高潮に達したステージ。映像で、「君とどこかへ行きたい」(昨年5月12日発売)以来、約1年1カ月ぶりとなる新作のリリースが発表されると、メンバーたちは「やったー!」と跳びはねて大喜び。ファンも大きな拍手で歓迎した。昨年5月15日に日韓合同グループ「IZ*ONE」から復帰した矢吹奈子は「韓国から戻ってきて最初のシングル。すごくワクワクしています」と声を弾ませた。

 チームHキャプテンの松岡菜摘は「新型コロナウイルス禍もあって、なかなかうまくいかないこともあったけど」と前置きしつつ、「ツアーが始まって、少しずつ日常が戻っていく感じというか、うれしい報告ができて、メンバーもうれしい気持ちでいっぱい。まだまだツアーも続くけど、みんなで盛り上がって、楽しい思い出をつくっていけたら」と話した。

名古屋公演に出演したSKE48の谷真理佳(左から3人目)

 ツアーの会場ごとに変わるゲストには名古屋を拠点にするSKE48から8人が登場。HKT2期生でSKEに移籍した谷真理佳はひときわ大きな拍手で迎えられ、同期の坂口理子と博多弁で息の合ったやりとりを見せるなど、変わらぬコメディエンヌぶりでファンを楽しませた。 

 (古川泰裕)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR