【日高逸子物語】悩みの種は「授乳」 母と選手、両立させた秘策とは

水上のグレートマザー日高逸子物語(51)

 産休から完全復活を果たした日高逸子の悩みは、長女の授乳だった。母乳で育てると決めていたが、これがなかなかの難題だった。

 例えば、博多駅から新幹線で大阪の住之江競艇場に向かうとする。授乳の場所はホームの椅子か、列車の座席になる。発車のベルがけたたましく鳴り響くと同時に、逸子は新幹線に飛び乗った。座席で授乳する時は、夫・邦博が長女を抱きかかえ、間一髪で新幹線から〝脱出〟した。

 邦博はいつも...

残り 721文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR