山の手入れ 若手が活躍 子ども世代につなぐ試み

鹿児島発の「竹紙」(下)

 鹿児島県の中越パルプ工業川内工場を軸とした「使うほど竹山の手入れにつながる紙」作りの取り組み。竹林を厄介者扱いにするのではなく、里山の恵みとして生かす循環の輪が生まれている。 (フリー記者・竹島真理)

 竹紙の原料としてチップ工場に持ち込まれるモウソウチクは、年間1万2千~1万千トン。以前の毎年約...

残り 1966文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR