震災で姿消す益城の古民家…「全壊」を再生した強い愛着

 2016年の熊本地震で2度の震度7に見舞われた熊本県益城町では被災を機に、多くの古民家が解体された。昭和初期までに建てられた「近代和風建築」が地震前は約150軒あったとされるが、現在は20~30軒まで減少。一方で、強い愛着から「時間がかかっても」とコツコツ作業を続け、6年たって修復にこぎ着けるケースも出ている。...

残り 960文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR