東浜7回1失点3勝目 リーグトップに並ぶ

 ◆ソフトバンク2-1オリックス(4日、ペイペイドーム)

 先発の東浜が、7回1失点の好投でリーグトップタイの今季3勝目をマークした。1点リードの二回に先頭の中川圭に三塁打を浴び、続く頓宮の中犠飛であっさりと同点とされたが、続く三回は三者凡退。その後は危なげない投球で七回までを被安打4にまとめ、柳田の勝ち越しソロへとつなげた。「なんとかゲームをつくることができて良かった」。同じ沖縄出身のオリックス・宮城と初めての投げ合いで先輩の貫禄を示し、球団の節目の1勝に貢献した。

関連記事

PR

PR