「核廃絶への灯消さない」 原爆青年乙女の会が集会 長崎・平和公園

 今年結成66年を迎える被爆者団体「長崎原爆青年乙女の会」が4日、長崎市の平和公園内にある同会記念碑前で集会を開いた。活動を次世代に継承しようと企画し、碑の前で集いを開くのは初めて。

 集会には会員8人を含め、被爆者や被爆2世ら約50人が参加した。小峰秀孝会長(81)は冒頭、「平和の願いを後世に」と...

残り 393文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR