小麦高騰…コメに熱視線 識者「割安、家計を救う切り札」

 ロシアのウクライナ侵攻で小麦価格が高値で推移する中、日本の主食を支えるコメへの注目が高まっている。約9割を輸入に頼る小麦と異なり、自給率はほぼ100%。地政学リスクとは無縁だ。長期の消費低迷で値段は下がり気味で、相次ぐ食品値上げに負担が増す家計の心強い味方になる。有識者も「生活防衛や食料安全保障の観点から、コメの再評価を」と訴える。

 「米粉を取り扱えないか」「品ぞろえを増やしたい」。大手米粉メーカーの新潟製粉(新潟県)にはウクライナ侵攻が始まった2月下旬以降、洋菓子メーカーやスーパーから問い合わせが相次ぐ。藤井義文常務は「小麦粉の値上げや供給不足への警戒感から、代替として米粉が関心を集めている」と受け止める。需要拡大の機会と捉え、新たに米粉と国産小麦粉のミックス粉の開発を検討している。

...

残り 1158文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR