ホークス猛打止まらん6連勝 苦手ロメロ攻略、連日の大勝

 ◆ロッテ4―8ソフトバンク(8日、ZOZOマリンスタジアム)

 打線好調のソフトバンク打線が今季苦しんでいたロッテ先発ロメロを攻略した。初回に中村晃が適時二塁打で先制。直後に杉山が菅野に逆転2ランを浴びたが、三回に再び中村晃の中前適時打で追いついた。その後、中谷の犠飛ですぐさま勝ち越した。四回にも柳田とグラシアルの連続長短打で3点を奪い、計6得点で降板に追い込んだ。

 ロメロには今季2度対戦し、計14イニングで1得点に封じ込まれていた。中村晃は「得点圏に走者がいたのでなんとか返そうという気持ちだけだった」と振り返った。

 7日に20安打16得点を挙げた猛攻の勢いのまま、13安打8得点でロッテに大勝。連勝を6に伸ばし、貯金を今季最多タイの9に戻した。チーム打率は12球団でダントツの2割7分5厘。藤本監督は「活発だったね。このままずっといってくれたら」とご満悦だった。(長浜幸治)

PR

PR