豪雨被害の熊本・人吉市 中心部の低地かさ上げを計画 道路拡幅も

 2020年7月の熊本豪雨で浸水被害を受けた熊本県人吉市の中心市街地について、市は標高が低い約1・2ヘクタールの土地をかさ上げするとともに、道路拡幅による災害時のスムーズな避難を目指す区画整理事業の計画案を明らかにした。

 候補区域になったのは、同市紺屋町の球磨川と支流の山田川との合流点付近一帯。豪雨時に...

残り 350文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR