植物品種や特許権守れ 知的財産の新条例制定へ 県が意見公募 

 県は植物品種の育成者権や、特許権などの知的財産を守る機運を高めようと、新たな条例の制定を目指している。今年2月に、県が開発したかんきつの新品種「にじゅうまる」の不正栽培が確認されたことを受けた対応。今月25日まで、条例案のパブリックコメント(意見公募)を実施している。

 仮称は「県知的財産を大切に...

残り 303文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR