玉名市初の産業団地着工 県内初の官民連携

 玉名市初の産業団地で、信栄不動産(同市)が市との連携協定に基いて開発する「玉名三ツ川産業団地」の整備が同市三ツ川で始まった。市によると、産業団地を官民連携で整備するのは県内で初めてという。

 開発面積は山林約25ヘクタールで、事業費は用地取得費を含む約16億4200万円を見込む。市は道路と水道、排...

残り 300文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR