久女の小説「観自在菩薩」 藤崎真二

 俳誌「ホトトギス」の名誉主宰、稲畑汀子さんが2月、91歳で亡くなった。祖父は俳句界の巨人と称される高浜虚子だ。

 虚子と因縁があったのが北九州市ゆかりの杉田久女(ひさじょ)(1890~1946)。「文学の街」を掲げる北九州市は近年、女性俳人の先駆者として発信に力を注いでいる。いや、長年できずにいたと言った方がいい。...

残り 963文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR