コロナ禍…高齢者の健康測定 福岡工大と篠栗町、2000人対象

 福岡工業大(福岡市東区)と篠栗町は、新型コロナ収束後の介護予防のあり方などを探り、高齢者の健康維持に役立ててもらおうと、体の状態や体力、認知機能、口腔(こうくう)の状態を調べる「ささぐり元気もん測定会」を始めた。11月末をめどに、無作為抽出した町内の65~74歳の半数に当たる約2千人を検査する予定。...

残り 341文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR